森のココペリMENU


リンク


過去ログ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ココペリ会議
今回は、普通の定例会ではなく、来年度に向けた
新たなココペリに向けての話し合い第1弾を行った
報告です!
今回参加できなかった子は、必ず読んでな! 今回は第一回目ってことで、まずはみんなのココペリに
対する想いを聞きました。
■1年生■
・畑は平日にあることで、参加できない
・活動に参加できてないから、こうしたい!ってものがない
・ココペリに入ったのは、スタードームが建ててみたかったから
・野生動物をもっと見たり、観察したい
・里山、人とのふれあい、畑ができることが初めは魅力だった
・もっと西原の歴史を学びたい
・活動の参加人数がすくないから、力仕事の時は尚更人手が欲しい
・この1年で一番嬉しかったのは、竹を自分で切り倒した事
・シオジで子どもの大変さがわかった
■2年生■
・ココペリはすごくやりたかったけど、他のサークルで上の立場だったから、
活動の優先順位を下げてた
・活動に参加しないことで、ココペリの活動へ自分から何かを考えて、行動していく気持ちがなくなった
・ココペリの活動は3本柱(地域活性、環境教育、環境保全)→今のココペリは畑中心
・外部にココペリを紹介するときに、説明ができない
・畑はあまりやりたくない
・例えば畑なら、外部の人を呼んで体験とか、おじい達の畑のお手伝いだとやる気が出る
・西原の人ともっと交流したい
・仲良くなることで、ココペリの活動がもっと地元の方と一緒にでいるものが増える
・活動に参加しなくなることで、行きづらい
・地元Nさんの言葉「やらなきゃ始まんない、やらなきゃ上手くならない」
・あまり興味のなかったことが、ココペリの活動で調べてるうちに興味が出た
・会議は、短時間だけど決まったことだけを報告するような会議より、長時間でもみんなで意見を出し合い、どうしてこのイベント・活動をするのかという想いが形になっていくのが実感できるほうがいい
・西原の生き物たちに興味がある→小さな企画もしていきたい
・ココペリの活動が上で決まるから、決まった理由・利点とかがわからない
・作業ロボットのように感じた
・一昨年までのみんなで積み上げていくことで得た達成感が、去年はそのピラミッドの途中で掘り込まれ、終わった時の開放感しかなかった
・みんなでやるから楽しい
・ココペリの仲間でやることに意味がある
・活動とみんなのやりたいことに差があるから、人が来なくなった
・外部の団体で楽しいものを見つけたり、他の活動で上に立って動けない状態になり、ココペリ離れに
■3年生■
・ココペリ内の雰囲気が好きで、活動を続けた
・ずっと活動することで、地元の人に顔や名前を覚えてもらえ、交流を深められていった
・もっと気軽な関係に、もっといろんな年代の方と交流したい
・卒業後も地元とできた関係を続けて行きたい
・畑ばっか・・・畑だけじゃない!地元の方との交流、学びの多い場
・ココペリ内の交流も大事にしていきたい
■4年生■
・ココペリの活動やってみたい+好きな友達や先輩⇒一緒に活動したい!楽しい!!
・「楽しい」を他の人にも共感してほしい→色んな人に伝えたい
・「ココペリの仲間とやるから」が活動してる一番の理由
・代表になる時に3本柱見直した→西原にはまずは「地域活性」が必要
・人がいなきゃ始まんない
・卒業後もココペリと関わっていきたい
・ずっとココペリでやってきたい
・卒研をきっかけに知らなかった地元の人と交流できた
・この四年間で西原にはたくさんのものをもらってきた。だから、返していきたい
■修士1年■
・できたての団体はやりたいことがたくさん。だから一つずつ実際にできて進んでいくことが楽しい
・今は、やりたいことがあるのに、今の活動で手一杯になりできないことが多く、悲しい
・外部の団体は活動すれば必ず何か跳ね返ってくるもの(感動や達成感等)がある
・ココペリはやりたい→行動がなく、モチベーションが下がる
・みんなのやる気がココペリを動かし、「楽しい」が生まれる
・毎年メンバー・代表・想いが変わっていくもの→今のココペリには3本柱が窮屈
・理念はみんなの心の中に持っていて、活動はみんなのしたいことをすればいい
・でも、今までのココペリの伝統も守っていきたいとこはある
・今後はあまり活動には参加できないけど、応援してる
■代表■
・どうしてココペリができたのか?
・野生動物の世界が好き→調査、少し距離の離れた付き合い
・守るとは少し違う、、、自然、そこに生きる生き物がそのまま生きれるように・・・
・そのために、人に魅力を伝える⇒環境教育との出会い
・森林組合、西原との出会い・・・こんなに身近に自然があり、森とそこに生きる生き物とを本気で相手にしている人たち
・当時の西原→伝統や知恵などいいものを持っているのに、それを伝える術がない←それを手助けしよう!
・理念「人と自然」「人と人」をつなぐ架け橋になる
・初代ココペリメンバーは、人づきあいが苦手
・社会問題の多くは、人同士が上手く付き合えなくなったから・・・
・やりたいことがたくさん!→団体を紹介するため、まとめたのが3本柱
・みんながしたいことが活動でいい、でも、この理念は変えないでいたい
・ココペリは大学3年のころ(今から5年前)にできた
・あきさんは当時副代表
・代表と副代の二人が最も西原に通う
・二人が4年で卒業して西原から離れたら、絶対に今までの繋がりはなくなる、やりきった感がない
・二人の移住が決まる→二人だからできたこと
・でも二人の関係が次第に離れていき、一人で西原に残ることに
・ショック⇒今まで多くの学生ココペリが離れていった。ショックを和らげるために気持ちをセーブ
・毎年、年代の離れていく学生に自然と距離が生まれる
・みんな仲間と信じる⇔どっかで離れていってしまう寂しさ
・7人会議はココペリの活動をどうしていこう、学生をどう育てていこうの会議⇒結果、求めていたものと逆の効果
・大事なのは「伝えること」


さて、長くなりましたが、出た想いを並べてみました。
参加できなかった子もいろんな想いをもってると思う。
だから、これからの会議に来て想いをみんなで話し合いたい。
次の話し合い:2月9日(月)午後5時~セミナー室3
でやりまーす!
春休みに入っちゃうけど、できるだけ来てほしいな!
参加できない場合は、メールで想いを伝えてくれたり、友達に伝言したり・・・
なんでもあり!!
毎回の話し合いの記録は、ココペリノートを作って、大学で見れるようにします!
みんなで、みんなの活動しやすいココペリを作っていこう!

■今後の活動■
・1月23日(金):猫の目懇親会
・1月24日(土):新年会
・1月28日(水):びりゅう館会議
・2月7日(土):あんどん祭り
・2月10日(火):炭焼き
参加したい場合は、あずびぃもしくはあゆみに連絡ください!


あずびぃ
スポンサーサイト
コメント

みんな、がいろんな想いを持って参加しているんですね。

すごいね

みんな、それぞれの立場、角度でココペリのこと、さいはらのことを考えているんだなぁーこのメモ分かりやすくていいねー。 

私はココペリがさいはらと根付いた関係だったから、地元の方と出会え、畑を借り、移住できました。ココペリがなければ、今の私はいません。 

大学生活4年間、たまたま上野原という場所で、たまたま森のココペリというサークルに惹かれ、たまたまさいはらと出会った…。でも、きっと偶然ではなく必然だったのかもしれません(笑)←三輪あきひろ 

さいはらには宝もいっぱいだし、問題もいっぱいです。学生のキラキラしたパワーがあるのとないのじゃ全然違います。 

たった4年間だけど、きっと4年あればいろんなことができる。それが大学生活だと思います。それぞれ、残りの時間はみんな違うと思うけど、きっとやった分だけ何かが自分に返ってくる。 


仕事でもない、遊びでもない、強制でもなければ自由でもない。それがサークルです。一人一人が、今何ができるのか、何をやりたいのか考え出すだけで全然違う未来がやってくると思います。 


新しい1年生がくるころ、新しいさいはらに向けて今、さいはらも動き出しています。みんなで力を出しあって、相乗効果でプラスになっていけたらいいな。 
語り出すと長いけど。


とりあえず24日よろしくお願いします☆ 新ココペリづくり、応援しています!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 森のココペリblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。