森のココペリMENU


リンク


過去ログ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:お知らせ
1月の終わり、ココペリたちにとって
とてもつらい知らせが入りました。

畑の師匠でもあり、人生の先生でもある方が
亡くなりました。



森のココペリが始まって2年目の春

突然 「先生」 になってくれた人。



農業に本当に熱心で

道具の使い方はもちろん

仕事をするとは何か

礼儀や作法も地域との付き合い方も

まるでなっていない私たちに

一から丁寧に教えてくださった人です。




畑のことだけでなく

竹細工やぞうり編みなどの
暮らしの技術を教えてくれたり

こんにゃく作りなどの
地元の料理を教えてくれたり

時には人との付き合い方を
諭されたり


何から何まで
私たちに伝えようとしてくれた人でした。



優しくて
厳しくて
頑固で
なのに新しいものや考え方にも柔軟で


先生であり
師匠であり
おじいちゃんであり


私たちは
生徒であり
弟子であり
孫のようでもありました。



まだまだ“一人前”になれなくて
なかなか仕事も上手にならなくて
守れなかった約束もたくさんあって
もっとしてあげられることがあったんじゃないかって


ごめんなさい


と、思ってしまう。



いなくなってしまったことがまだ
信じられなくて
よく分かんなくて
泣いてばかりの私たちを

きっと笑ってみているんだろうな
とも思う。




でも
本当に抱えきれないほどの
たくさんのことをもらったから

目に見えない
形にも残らないもの

たくさんもらったから


ありがとう。

ありがとうございました。



これからも、
よろしくお願いします。


スポンサーサイト
コメント

西原の透明な大空の向こうから、きっといつまでも見守っていただけることと思います。

がんばろ

ココペリの皆さん、みんなの気持ちは充分に伝わったと思います。
お別れのときの写真、すごく嬉しそうでしたよ。
さあ、お互いにがんばりましょ~うね。
師匠のためにも・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 森のココペリblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。