森のココペリMENU


リンク


過去ログ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:森のココペリって?
今日はココペリ畑と、炭焼きのための準備に行ってきました。

ココペリ畑では、「ねがた」と「赤せいだ」という品種のジャガイモを植え、
炭焼きの準備では、炭の材料となるナラの木を適当な大きさに切りました。
ココペリ畑は十一時から作業を開始しました。
冬ぶせが不完全だった土を耕し、畝を作る作業から始まりました。
今回ココペリ畑で作業をしたのは私とはるか先輩です。

執筆者の私は、久しぶりに畑に来たため、
鍬の使い方などをマスターしていない箇所もありました。
上手な人と比較すれば、作業の効率は雲泥の差であったと思います。
今回は種芋が地表に現れることを防ぐため、畝は深めに掘りました。


畑 じゃがいも



お昼ごはんをはさみ、どうにか畝を作り終え、種芋植えを開始しました。
ちなみに、畝作りの次に大変だったのが堆肥運びです。
何と言っても、重い!籠の七分目までしか入っていないはずなのに、
籠を背負って立ち上がる事ですら、困難でした。


その後はNさんの下で、あゆみさんのお手伝いを行いました。
あゆみさんは炭焼きのためのお手伝いを行っており、
炭の材料となるナラの木を、薪割で割っておりました。
私とはるか先輩もチャレンジしましたが、木にうまく薪割が入らず、
何度も何度も打ち付けても、皹一つ入りませんでした・・・

傷だらけの炭は売り物にはならないので、
Nさんに最初の割れ目を入れる作業だけはやってもらい、
楔を入れて、最終的に真っ二つにする作業をやらせていただきました。


薪割り-1

薪割り-2


それでも、一本の木を割るまでに時間がかかり、
二本割ったところでタイムオーバーとなりました。

今回学んだことは、「畑作業も薪割りも何度もやって覚えるのがいい」ということです。
今回はとても疲れたけど、とても充実した一日でした。

本日の執筆者は今回二回目の執筆となる、ゆあんでした。
スポンサーサイト
コメント

農作業も薪割りも難しい。ほんとに。私なんか、みんなに比べれべ、畑も薪割りも小さいときに少しやっているから、経験はあるけれど、やっぱり大変だもん。ゆあんさんが言うとおり、何度も何度も経験してだんだん身につくんだと思います。今は効率より丁寧さを求めましょう。お互いに。お疲れ様でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 森のココペリblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。