森のココペリMENU


リンク


過去ログ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ココペリ会議
今回の森のココペリ定例会は、初の!!1年生も参加した定例会でした(*^_^*)

先輩方みなさん
「ここココペリだよね…?」といった感じで一回ドアを開けては、閉めてました((笑♪


なぜなら、1年生がな…なんと!8人も参加してくれました★
それも、森のココペリではあまり見られない【男の子】が8人中6人でした(+o+)

いやぁ~びっくりですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

そして定例会をはじめる、その前に。
みんなで≪自己紹介≫をしました!

みんな元気いーっぱいで若さで負けそうでした((泣
それぞれに個性があって、森のココペリらしい*
これから今以上に楽しくなりそうです(●^o^●)


そこから、あっちゃん先輩のおはなし♪♪
◆森のココペリについて
【理念】
「人と人 人と自然をつなぐ 架け橋になりたい」

【ココペリの心】
一、人と人とのつながりを大切にします。
一、さまざまな形で自然と向き合います。
一、いろいろなことから学び、伝えていきます。

これはあっちゃん先輩の気持ちと一緒に話してくれました。
「ココペリが好き、ココペリの仲間が好きだから」
といった強い思いが伝わってきました(゜-゜)

あとは、
・ココペリ畑
・直売所(地産地消)
・西原でのイベント(学内向け)
・西原行事への参加
・シオジキャンプ(子供向けイベント)  etc

みんなが″やりたいこと″を形にしていく★
それが『森のココペリ』なのかな(>_<)


◆森のココペリシステム

森のココペリは…

あきさん⇒学生代表(あっちゃん)→会計(なみ)
                   →内部(たっちゃん)
                    →外部(ちょび・ゆあん)
                    →畑(はるか)
                    →西原&ココペリ学校(もーりぃ・ちょん)

というシステムができてます!
あきさんから学生代表にいき、担当5組にわかれているといったシステムです!!
(例:畑だったら畑のことを管理する班長みたいなこと)


去年はすべて学生代表がやっていたため、学生代表に負担が大きかったのです。
また、畑についてもすべて(今何ができるのか)を分かっている人がいないと収穫時期を逃してしまうこともあります。そのため、少しでも負担やミスを減らすために担当分けをしました<(`^´)>

といっても、担当者だけがやるのではなくみんなで協力してやっていきましょう♪



はい!!それではこれから定例会の内容です(^u^)

●JUON(外部団体)
→【日程】 6/6,7(7日:西原ウォークラリー)
 【内容】『キラキラ☆グリーンツーリズム~来た甲斐あるら(^_‐)~』
      「グリーンツーリズム」が広がっていますが、農山漁村における過疎高齢化はなかなか止ま
      りません。そこで今回、JUONや若者の活動などの事例に、今後の活動をより「キラキラ」さ
      せるため、うまくいっていることもいっていないことも、本音で語り合う場をつくりました。

参加したい人はちょび先輩に!!
7日の西原ウォークラリーを手伝ってくれる人も、募集中だそうです!!
外部のイベントはどんどん参加していきたいですね(/_;)

●看板作り
小学生や地元の方と地域活性のために、一緒に看板に絵をかきませんか?

【日程】6月中旬
詳しく知りたい人は、あずびぃ先輩に聞いてみて下さいね(^◇^)

●6/2
  お茶摘み
  6/3
  お茶づくり

※詳しくはまたあとで

●ピザ窯づくり
【日程】6/10,12,13

※詳しくはまたあとで

●直売所
【日程】6/6,21,7/4,19,26
【時間】6時に上野原発 16時に上野原に着

※またあとで聞きます!!

●新歓について
まだ詳しく決まってないため、日程が決まり次第連絡します!!




以上で今回のココペリ定例会の報告を終わりにします!
長くなってすいませんでした(T_T)


ちょん

スポンサーサイト
コメント

多くの新人が参加して、順調に滑り出していますね。もうすぐ6月、雑草と格闘する日々がきますね。できるだけ、応援します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 森のココペリblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。