森のココペリMENU


リンク


過去ログ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:活動報告
今日は、HさんとSさんと一緒に、炭焼きの準備をしました!!



すみませんが、写真はあとで入れますね(^_^;

今日のメンバーは、もーりぃ、あっちゃん、なみ、みど、うちの5人です。
みんなの授業が終わってからだったので、午後2時ごろから作業を始めました。

もーりぃ、あっちゃん、なみ、みどはHさんといっしょに、炭にする竹をなたを使って割る作業をしました。(竹はすでに、Hさんが適当な長さに切っておいてくれました!!)
なぜこのように割るのかというと、竹をそのまま焼いてしまうと、爆発してしまうからだそうです。でも、竹の節と節の間をちゃんと切ってあれば、割らずに入れても大丈夫です。それに、多分、割った竹なら、丸いままよりたくさん窯に入るからだと思います(^_^;

うちはSさんと一緒に、山に粘土を取りに行きました。山っていっても、すぐ近くです(^_^;
粘土は、炭窯に空気が入らないよう、炭窯を密閉するのに使います。
重い粘土を運ぶため、一輪車を借りて行ったのですが、一輪車にかご(?)がついていなかったので不思議に思い、Sさんに聞いてみると、ここでは木とか(草とかだっけ?)を運ぶことが多いから、かごはとってしまったそうです。(あやふやですみません。。あとでもう一度Sさんに聞いてみます!!)

一輪車を押させてもらったのですが、段差が多くて、扱うのが難しかったです。
粘土は灰色だったので、以外でした!!
次に炭焼きするときのために、粘土のある場所をちゃんと覚えとかないとっ(汗)

粘土はとっても重くって、大変なとこはSさんにやってもらい、ここからはうちがやるぞ!と思って押してたのですが。。。やまびこに着いたときにはへろへろになっていました。。。体力ないですね(;_;)

割った竹は軽トラでココペリの炭焼き窯まで運びました。

今回窯に入れたのは、
割った竹、枝付きでうさぎさんみたいな竹、柿、まつぼっくり、近くで見つけた青い実、キウイ、もみじの葉っぱです☆
柿やまつぼっくりなどは、入れる場所をちゃんと考えて、どのへんに入れると、うまく柿やまつぼっくりなどの炭ができるかわかるようにしました。
後でココペリの木彫りも入れて、ココペリ炭を作りたいです!!!(やる気満々です!!)

ココペリ窯に炭にするものをつめたところで、今日の作業は終了!!
実際に窯に火を付けるのが楽しみです(^O^)☆

みっちー
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 森のココペリblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。